So-net無料ブログ作成
検索選択

早出は三文の得?

練習開始前の時間を使ってプチトレ。早く来ていた2.3年の選手たちと普段あまりやらない、スローインのトレーニングをしました。
image.jpg
トレーニングで使うため予めラインカーで引いておいた白線を利用し、誰がどこまで遠く飛ばせるか競い合いました。
「よっしゃー!2本目のラインクリアー!」
「俺、イチバン!!」
「抜かされたー!!」
「今のファールスローやろー!」
と、これがなかなか盛り上がりました。
練習開始時間ギリギリに来る選手には出来ない特別メニュー。
ほんのちょっとだけのトレーニングですが、積み重ねていくことで両者の差は大きく開くでしょうね。
次はプチトレ何やろうかな。



カタイキズナ3

昨日は久御山高校に選手権予選の観戦に行ってきました。
image.jpg
久御山高校VS両洋高校。
両洋にはリノ5期生が2人います。
そのうち一人が樽谷コーチの息子の海人です。
自分がコーチやるようになったのは6期生からなんで、直接絡みはないんですが、海人がジュニアユースで頑張った3年間や両洋高校でのおよそ3年の濃密なサッカー道の話は樽谷コーチから聞いていて、また父親として我が子を出来る限りサポートする姿を間近で見ていて、どうしてもこの父子鷹の総決算の舞台に自分も居合わせたいという想いでいました。
結果は0-1で敗れてしまい、またOB2人とも出場できなかったけど、晴れやかで清々しい表情で高校サッカーにピリオドを打つこととなりました。
仕事の合間をぬって会場に駆けつけた父の執念?その行動にも胸を打ちました。
自分は試合終了後直ぐに会場をあとにしたので後で知ったことなんですが、同じく会場に来ていた森下コーチの話によると、試合終了後に海人が樽谷コーチのところへ駆け寄り、泣きながら「今までありがとう」と言って抱き合ったそうです。これまでのいろんな苦労をほんの少しですが知っているだけに、ジーンときました。
父子鷹としては、自分も同じ境遇だけに、これからの6年間自分はどのようなサポートが我が子にできるのか少し考えさせられました。
高校サッカーイイですね。
ピッチに立つ11人。
ベンチ入りメンバー。
そして、そこにも入れないけど仲間を声が枯れるほど応援するメンバーたち。
みんなが心をひとつにして戦う姿は本当に素晴らしい。
ここでの仲間は、きっと自分の財産となるでしょうし、自分を成長させてくれるステージなんだと思います。
必ず今後の人生を生きてく上で役に立つモノを手にすることが出来るでしょう。
会場には、いろんなチームのジュニアの選手達もいました。
みんなきっと、会場の盛り上がりを肌で感じ、6年後を見据えて身震いしながらテンション上がったと思います。
次は俺たちの番だってところでしょうか。
今年の選手権はどこが行くのでしょうかね。
前評判は橘や立宇治なんでしょうが、久御山のDF陣はなかなかのレベルやと思います。
中盤は相変わらずのテクニシャン揃い。前線が勢い乗ったら優勝もあり得るんやないかなあと。
さてどうなることやら。

進路

秋が深まりつつある今日この頃。
今年も早いもんで、残すところあと2ヶ月ちょっととなりました。
早いところでは、来春新中1のジュニアユース体験練習会がぽつぽつ始まります。
既に進路が決まってる、元と奏以外の
残り11名が、この後どのような決断をして進路を選び進んでいくのか。
選手たちには個別で、中体連でやるのかクラブチームでやるのか聞いてます。
なるべく多くの選択肢の中から選手各々が最良の道に進めるように、いろんな情報を提供していきたいと思います。
地元中体連との交流もそろそろ進めていこうと思います。
とはいえ、自分のことなので、できるだけ自分で調べていろんなところに足を伸ばして情報を仕入れてほしいですね。
ここからの5ヶ月は本当にあっという間です。
冬支度と共に自分の進路、そろそろ真剣に考えようね。

NAO

以前の記事で、あるチームの中心選手のファンなんですみたいなことを書いたことがありますが、今注目している選手が紫光にいます。
プレーはもちろん素晴らしいんですが、僕が好感を持っているのはオフザピッチでの立ち居振る舞い。
いつでもチームの先頭きって、テキパキと行動するし、何よりも彼の挨拶するときの心が素晴らしい。
彼ほど心を込めて挨拶する選手はいないと思いたくなるほど。
全日予選前に骨折し、出場できなかったのですが、ベンチから声が枯れるほどの応援をする姿。
サッカーに対する姿勢。
サッカーが心底好きなんだろうなと思います。
先日のバーモントカップのときも、闘志むき出しで熱いプレイを見せてくれました。
今後、どこに進みサッカーするのか機会があったら本人に聞いてみようと思いますが、彼ならきっとどこでやろうが、成功できると断言できます。
見てる人が応援したくなる存在。
これは大きな武器です。
きっと、良い出会いにも恵まれることでしょう。
紫光と対戦する時は、どんな試合展開になるかなあというドキドキ感と、彼がどれだけ成長してるか見るワクワク感で二重の楽しみがあるんです。


素晴らしい光景

昨日の補足記事になるのですが、準決勝で対戦した紫光の選手は試合後のベンチ挨拶のときに、何人かの選手が「絶対に優勝してください」と、涙しながら言ってくれました。
そして、決勝戦まで帰らず残って応援してくれていました。
決勝で対戦した修学院の選手は試合前にベンチメンバーに入れなかった仲間のところに行き、お前らの分も頑張る!といった表情で、一人ひとりと固い握手を交わしていました。
決勝戦、思わぬ大差がついてしまっても、修学院が失点してもすぐにボールを手にセンターサークルまで行く姿勢は、リノの選手も見習わなけれならないところです。
勝った相手からも負けた相手からも学べるのが少年サッカーの素晴らしいところですね。
決勝戦後、リノの選手たちはサポーターに挨拶に行った後に修学院サポーターのところにも行き、キャプテンの元伸が大きな声で「全国大会では修学院の分もがんばります!」と言ったときには、ジーンときました。
僕たち指導者も日々、選手たちから学ばせてもらってます。
昨日は本当に多くの感動をもらえました。
少年サッカー最高です。

京都代表

昨日、山城勤労福祉会館でバーモントカップ決勝トーナメントが行われ、見事悲願の初優勝。
image.jpg
正月、東京駒沢体育館で行われる全国大会の切符を手にしました。
思えば夏前から本格的に導入したフットサルトレーニング。
フットサルの施設だけでなく、体育館も利用し決戦に臨みました。
前日には昨年、バーモントカップ本戦に出場した他府県のチームにも胸を借り、フットサルの戦術や技術を対戦することで学ばせてもらいました。
フットサルチームが多数参加したエンジョイフットサルの大会に出場したのも大きかったです。
あと一歩のところで全国切符を逃し、あの時の涙が彼らを一回り成長させてくれました。
この大会の予選リーグで対戦したチームからも多くの刺激をいただき成長させてもらいました。
この3ヶ月を振り返ると、選手たちの頑張りは勿論ですが、ありとあらゆるいろんな要素がうまく噛み合った結果、掴んだ勝利ではないでしょうか。
本当に多くの関わってくださった方々には感謝しかありません。
京都代表として、京都の誇りを持って
全国でも、リノらしく頑張ります!

image.jpg

今日も成長!!


名前負け

一昨日の代表戦を観て感じたこと。
いけなかったのか。
いかなかったのか。
僕には選手たちがおびえてるように見えた。
早々の失点、独特の雰囲気で完全に我を見失った?
これが実力と片付けるのは簡単。
技術はもちろん、大きな差があったのは誰が見ても明らか。
でも、あまりにも相手をリスペクトし過ぎではなかったか?
サッカーはほんとメンタルのスポーツです。
ジュニアサッカーでも、このようなことは多々ある。
相手が自分たちより強いと感じると、びっくりするくらい消極的になることが。
相手が強ければ燃えるわ!
例えやられようが何度でも立ち向かってやる!
ドラゴンボールの悟空やONE PIECEのルフィーのようなメンタルをもつ選手の育成。
生まれ持った性格もあるでしょうが、環境次第でなんとかなると思います。
いや、なんとかしなきゃ。
何事にもチャレンジでき、失敗してもへこたれず繰り返し続けられるような指導をこれからは特に意識してやっていこうと至極思いました。



運動会

土曜は次男と三男の幼稚園の運動会がありました。
翼にとっては幼稚園最後の運動会。
光にとっては幼稚園初めての運動会。
親としては違った感動がありました。
特に翼の組み体操では涙腺緩々。
image.jpg
image.jpg
image.jpg
真剣な表情で頑張ってる姿には成長を感じたし、頼もしくも見えました。
光のいつもニコニコしながら走ったり踊ったりの姿もまた成長を感じさせてくれました。
image.jpg
最初で最後の二人一緒の運動会。
いいもの見させていただきました。

そして、昨日は台風の影響も心配されましたが、なんの問題もなく区民運動会が開催されました。
午前中はリノのフットサルトレーニングがあったので、昼からの参戦。
グランドに着くなり、リレー走ってください!と体振の方から頼まれたので、走ることになりました。
長いこと全力疾走してなかったので、少々不安はありましたが、それなりに走れていたようです。
その他にもいろんな競技に参加して久しぶりに一喜一憂町内会の方達と大はしゃぎしました。 

連休最終日の今日は各カテゴリーの試合全て台風19号ボンフォンの影響で中止です。
こんな日は家でゆっくり昨日の疲れを癒しながらのんびり過ごしたいと思います。

特攻隊長

仲間が下を向かず前を向いてプレイしてくれるために。
自分がしなければいけないこと。
自分が楽しくプレイするために必要なこと。
昨日感じたモヤモヤ。
一晩で心の整理はできたかな。
今日どう変化してるか楽しみ。
すっきりした表情で何事もなかったかなように黄色いシャツ着て来るような気がしないでもないが。

特攻隊長の今日に注目です。




平和堂西ブロック予選

台風接近で悪天候が予想されていましたが、昨日は問題なくやれました。
初戦はほぼ相手のコートで試合運びするも、相手DFの良いポジショニングに工夫がなくゴールが遠かった。
もっとボールホルダーに対して周りのアクションがないと、崩すのは難しいですね。
2戦目の府大会進出をかけた深草戦。
相手がこちらを意識しすぎて引いてくれたおかげで、慌てずにプレイできました。今大会、なかなか得点が奪えなかったんですが、ここにきて5ゴールと鬱憤を晴らす結果となりました。
深草とは3年の京洛ライオンズからのライバル関係にあるチームで選手たちもかなり意識しています。
攻撃が魅力のチームなんですが、守備を重視した戦術だったのか、彼らの本来持つチカラの半分も出せていなかったように思います。
両チームの力にはスコアほどの差がないだけに、圧勝にも何か手放しで喜べない複雑な気持ちになりました。
次に対戦する時は是非ともお互いベストメンバーでストロングポイントを出し合いガチンコ勝負しましょう。
2試合とも、ガンガン来られなかったのでなんともですが、失点0で終われたことは良かったです。
DF陣のビルドアップも、なんとなく繋ぐのではなく、判断を伴うプレイがしっかりできていたので攻撃のスイッチを入れるパスを供給できていた点は評価したいと思います。

これで、平和堂カップ京都府大会出場権を獲得しました。
image.jpg
次のステージでは、こいつらも復帰してくれることでしょう。

チームとは何か!

それを学ぶことができた平和堂カップ西ブロック予選。
更に一丸となって、次に狙うはニッポンハムカップ。

台風通過中ですが、午後には回復するようですので、今日もトレーニングできそうです。

新たな目標に向かって
今日も成長!!




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。