So-net無料ブログ作成

チャンス到来

昨日の戦いは彼らにとって、これまでで一番スリリングなものでした。
府リーグ残りひとつかけた椅子取りゲーム。
image.jpg
両チームともすごく気合い入ってた。
パラパラと小雨の降る中、辺りは真っ暗でナイターが彼らの戦いにのみスポットを照らしていたように思います。
勝てば府リーグ。
負ければ1部残留。
絶対に後期府リーグで戦いたいという彼らからしてみたら、まさに天国と地獄。それ故に開始直後は硬さから自陣に引いてしまい攻め込まれてしまった。早い時間帯での失点。
これで目が覚めたのか、思い切ってラインを上げ始め少しずつ挽回する。
ひなたの突破で、あわや同点というシーンを作るもあとわずかのところで跳ね返された。
前半を0-1で折り返しての後半。
前半単調だった攻撃が嘘のようにパスが回り出した。
場の雰囲気にも慣れ、明らかに動きが良くなり運動量が上がったのと、逆転しなければ府リーグにいけないということで積極性が明らかに増した。
こうなれば相手は後手に回る。
自陣ではジュンヤがボールをさばき、ケンゴからユウへ繋いで逆サイドのミズキといったようなカタチで、ピッチを大きく使い相手を翻弄。
中盤でも遼太郎がボールに絡み散らしていました。
後半流れは完全にこちらにあり、決定機もたくさんありました。
けれど、あと一歩のところでゴールが決まらない。
硬さは取れたとはいえ、ゴール前ではどうしても力が入ってしまいました。
こうなってくると、怖いのはカウンターからの失点。
予感は的中して、久々相手にペナルティエリアに侵入されたときに相手選手のシュートが、たまたまDFの手に当たってしまいPKの判定。
不運でした。
それを冷静に決められて0-2。
そこからも諦めずに戦いましたが、無情にも試合終了のホイッスル。
その瞬間、ほとんどの選手が膝をつき泣き崩れました。
それだけ気持ちの入った試合でした。
けれども負けた。
試合後、なかなか泣き止まない選手達に声をかけた。
「今、すごく悔しいやろ。でも人間いつか必ずこの悔しさ薄れていって忘れるねん。でも、このままで終わりたくなかったら、みんなで協力してこの悔しい想い絶対に忘れるな。今日の敗戦が財産となるよう、ここからがチャンスと思いなさい。」と、伝えました。
正直、コーチも無茶苦茶悔しいです。
けれど、こんなスリリングな戦いを経験し悔しい想いも味わった彼らのこれからが楽しみでワクワクしてます。
まさに成長のチャンス到来。

昨日は結局最後まで凹んでいたけど、気持ち切替えて今日からまた頑張りましょう。
今日も昨日の負けを引きずっていたら、今日こそは森下コーチの鉄拳が炸裂すると思うので気をつけてね。

U11にとってここからが、新たなスタートです。

今日も成長!!







ホンモノ目指して

我が家の三男ひかる。
見様見真似で、ふたりのお兄ちゃんの真似事をよくします。
image.jpg
ドリブルもこの通り。
出来ないなりにも、よく観てよく研究してはります。
image.jpg
次男つばさの、なんでも並べたがるところまで真似します^^;
真似するだけではなく、少しアレンジ加えたりもしはります。

お兄ちゃんと同じように出来なくて泣いてしまうこともあるけれど、いつかこの真似事がホンモノを越すときが来るかも。

選手のみんなも、大好きなサッカー選手のプレイを見て真似してみよう。
今では、スマホなんかで簡単にスーパースターの動画集見れたりします。
何度も繰り返し見て真似て。
続けることで、それがいつか自分のモノになるかもしれません。
スーパースターを越すかも...しれません。

今日も成長!!


やり抜く

練習1時間前にザーッとまた雨。
朝にも激しい雨が降ったこともあり、グランドは一瞬に水浸し。
中止にするのか。
強行するのか。
判断の難しい状況でした。
やんでくれたら、そこは大枝の誇る水はけ抜群のグランドです。
天任せ?神頼み?雨雲レーダーをチェックしながらも、ダメもとで強行しました。
そんな気苦労が嘘のように、天候は回復。
image.jpg
西山から晴れ間も見えてきた。

昨日はシュート練習をたくさんやりました。多い選手で100本は蹴ったんやないかな。
ランダムに置かれたコーンをドリブルでかわしてシュート。
コーンに触れたらシュート打てないルール。
慎重にドリブルするのではなく、速くを意識して挑戦しました。
コーンに触れた時の悔しい表情。
でも、そこには笑顔が。
次は当てないぞって前向きな姿勢。
みんな集中してた。
続いて、そのコーンをダッシュで通過してるタイミングに浮き球パスをコントロール。間接視野でコーンとボールを把握してボールを正確にコントロールしなければいけない。
ノルマの10ゴールは果てしなく遠い?
できそうでできない。
できなさそうでできる。
この頑張れば乗り越えられそうな山が、選手たちを前向きにしていた。
すごく時間かかったけど、その山を乗り越えたときのその笑顔は、ほとばしる汗とともに輝いていました。
image.jpg
昨日はいっぱい触れてもらって、こいつも嬉しかったんやないかな(^-^)/

今日も成長!!


こればっかりは

昨日の練習。
怪しい空模様の中、少し早めに開始。
image.jpg
西山の奥の方には雨雲が今にも雨を降らそうと待機^^;
2.3年はミニゲーム。
4〜6年は色々テーマを与えて4対4のゲーム形式のトレーニング。
いきなりのゲームで選手たちのテンションはMAX。
キッズはひたすらドリブルドリブル。
「コーチ、俺らも早く試合したい!」と、キッズたちのお叫びを右から左へ受け流し、ひたすらドリブルドリブル。
我慢したあとのゲームは水を得た魚のよう。

みるみる西の空がどす黒い雨雲に覆われてきたので、一旦トレーニングを止め選手達に荷物が濡れないところに移動させ再びトレーニング。
すると今度はゴロゴロと...。
いやはや、自然には勝てませぬ。
「昨日と一緒で、また中止?」と
、5年の嘆きの声。
今週は大気の状態が不安定らしく、こんな日が続くようです。
なるようにしかなりません。
やれる時は全力で。

今日も成長!!


U11地域リーグプレイオフ

昨日はオフやったんですけど、気になって吉祥院グランドにこやつらグラサン兄弟と応援隊として参戦。
image.jpg
初戦の相手はみやこ。
ほとんど相手のコートで試合するも、縦パスオンリーの単調な攻撃のためバックアップも少なくゴールが遠かった前半。
ちょっと府リーグでやりたいという気持ちが硬さに繋がっていたかなあ。
image.jpg
後半からハルを投入し、慌ただしかったゲームを落ち着かせ、チーム全体のパス成功率が上がりました。
しかし、ラストパスの精度が低く、カウンターを食らうパターンの繰り返し。終了間際、お決まりのカウンターからGKと1対1の絶体絶命大ピンチ。
これを、ショウゴがなんとか死守。
危なかった〜。
結局決め手に欠きスコアレスで試合終了。
最終決定戦に進むための運命のPK戦。
保護者観戦エリアからの応援。
我が子が蹴る瞬間の手を合わせて祈る想い、いや祈りたおしてのお母さんの表情はめちゃくちゃ緊張感を生んでました。
決めて欲しい。
外さんといて欲しい。
神様お願い〜。笑
決めた瞬間の安堵した表情は蹴った本人以上?
なんか、それ見てたらベンチで見ている以上に緊張しました^^;
結果の方は、両チーム三人共決めてサドンデスに。
5巡目、相手選手の蹴ったボールがポストの内側に当たり逆ポストにも当たりノーゴール。
その瞬間ピッチになだれ込むベンチで見守った選手たち。
みんなで喜び合い、しっかりポストにもお礼を忘れずぺこり。
なんとかヒヤヒヤの勝利でした。

休憩を挟み、最終決定戦の先発メンバーも決まりアップもバッチリ。
しかし、開始20分前くらいからゴロゴロと。
雨もポツポツ降ってきて、開始を見合わせ待機となりました。
結局、雷も治まらず延期が決定。
最終決定戦は今週金曜に行われることになりました。
公式戦初のナイターかな。
涼しくて良いかも。
金曜まで4日もトレーニングできます。
今日出た課題をしっかり修正しましょう。
良い準備して臨もうね。

府リーグまであと1勝。
今日も成長!!


久々の金トレマッチ

昨日はフォレストU11をお招きしてみっちりトレーニングマッチをしました。
image.jpg
去年は月イチ恒例でトレーニングマッチを金曜に組んでたのですが、今年はこれが初。
日曜には地域リーグ最終順位決定戦が行われます。
後期府リーグで戦うためには2連勝が絶対条件。
その準備調整としてのマッチメイク。
フォレストは個人能力が高くスピーディで縦に速く、効果的に球を散らせる選手もいて、守備では粘り強くボールを奪いにくる攻守に渡り素晴らしいチームです。
大事な戦いを前に、U11にとっては格好の相手。
ゲームの方は点を取ったり取られたりでしたが、選手によってコンディションに差がすごいあることが気になりました。
合宿以降一週間のOFF。
今週からちゃんと練習に来てる選手は当然の事、ちゃんと動けます。
用事等で来れなかった選手でも、動けてる選手もいました。
しっかり自主練習してたのでしょう。
しかし、明らかに動きの悪い選手が1人いました。
走れない。
守れない。
考えてプレイしてない。
みるみる顔色が悪くなりました。
気持ち悪くなってゲロまで吐きました。
OFFの間、どう過ごしていたのか。
だいたい想像つきます。
24日に順位決定戦が控えてることは分かっていたはず。
残念でなりません。
せっかく成長できるチャンスなのに、このままでは後悔しか残らないよ。
救いは、これが本番でなかったこと。
今日もTMあります。
しっかり汗かいて、なまった身体を呼び起こそう。
ポテンシャルは一級品。
彼の活躍なくして、2連勝は厳しいでしょう。
みずきの奮起に期待します。
あっ、名前書いてもうた^^;
フォレストコーチの要望で、5年のゲームの合間に紅白戦をしていた6年と対戦お願いがありましたので、予定してなかったのですが急遽フォレストU11と6年がゲームすることになりました。
試合に飢えた選手たちは大喜び。
「コーチ、こっちは6年やし、相手より2人少ない6人でいいです」
「そんなん言うてて負けたらカッコ悪いぞ」
というやり取りがあって、ゲームが始まりました。
5年とはいえ、スピードあって展開力もあるから、相当苦戦すると予想してましたが、結果は5-1と勝利。
枚数不足から再三サイドをつかれるも素早い戻りでしっかり対応できていました。
自陣深くでのパスミスから失点したのはもったいなかったけど、ほとんどの時間、数的不利の状況でもポジショニングに気を使いながらうまくやっていました。
image.jpg
相手の食ってやろうというチャレンジングな姿勢と、こっちの負けるわけにはいかないというプライドが、心地良い緊張感となって全く気の抜く事のできない、大変締まったゲームとなりました。

9月からも、金トレマッチ続けようと思います。月イチと言わず月2くらいやろうかな。
平日なので、なかなか来てもらうのは厳しいですが、機会があればいろんなチームと対戦したいですね。


週末も成長!!



リスタート

盆休みも終わり、月曜から本格的にトレーニング再開しました。
月曜はキッズが元気に走り回りました。久しぶりのサッカーでフラフラになりながらも、1年から3年に混じって最後まで頑張りました。
2対1から2対2のトレーニング。
数的優位の間にいかにフィニッシュまでいくか。5歳なりに考えてプレイしていました。
点を入れる喜びをたくさん感じイキイキプレイ。
見ていて気持ち良かった!
多少ハンディを設定するも、幼稚園児に負けたくないと低学年も必死でプレイ。へんな緊張感が選手達の集中力持続に一役買ってました。

昨日の2.3年のトレーニングは前日に引き続き2対2のトレーニング。
攻守の切替と良いポジションを意識してやりました。
動きの質、切替の早さが明らかに向上しました。
最後の紅白戦も攻め合い守り合いの応酬。ロースコアながら見応えのあるゲームでした。

とはいえ、休み明けということで、選手の動きにバラつきがありました。
OFFをどう過ごしたのか。
動きを見ればある程度はわかります。
意識の高い選手とそうでない選手。
この差はデカい。
後期からはU10のリーグも始まります。この中から何人が本気で戦えるのか。
可能性ある選手はいっぱいいます。
でも、そのチャンスを掴むのも自分次第。
夏はもう少し続きます。
もっともっと貪欲に向上心を持って。

今日も成長!




フットサル

合宿から例年より少し長めのお盆休みも終わり、リノの活動が再開しました。
昨日はケルビトフットサルクラブさんからお誘いいただき、2時間みっちりフットサルトレーニング。
image.jpg
バーモントカップ本番を想定して、フットサルルールを採用してのゲーム。
4秒ルールやGKへのリターンパス禁止など、最初は慣れない縛りに苦戦するも、選手達は直ぐに適応し、逆にその縛りをうまく利用する場面も見受けられました。
FKのシーンでは、選手間で瞬時に話合い、相手を欺くトリックプレイで素晴らしいゴールもありました。
ゴールも小さければコートも狭いフットサルは工夫なくして、簡単にゴールを奪うことはできません。普段、サッカーの試合ではなかなか見えない創造力がゲームを重ねるにつれて、自然とついていったように思います。
フットサルを続けると足元の技術向上以外にもいろんな効果があるんだなと、つくづく思いました。

試合終了後に相手コーチに話を聞くと、「うちはスクールなので、バーモント予選当日に選手が所属するクラブの活動もあるので、なかなか選手が集まらない」と、嘆いてました。
選手が大会に参加したいと想っていても、なかなかそうはいかない。理解あるクラブとそうでないクラブがあるようです。

さて、今日からいよいよ本格的に活動再開です。
夏休み充電も完了!
久しぶりにキッズとも会えます。
今日は何して遊ぼかな。




番外編2

先日、ほとんどの6年生の選手が晴生のお父さんのお店、真心にお邪魔させていただき、そば打ち体験をさせてもらいました。
image.jpg
みんな初体験。すごく楽しそう。
image.jpg
そば粉を練る。
みんな真剣な表情で作業しました。
普段あまり包丁など使わない彼らが、丁寧に集中して麺を切っていく表情は試合中と変わらない?
麺の大きさには、それぞれ個性?が表れていたようですが、完成したそばを、最後はみんなで美味しくいただきました。
僕もお土産のお蕎麦をぺろりと頂きました。めちゃめちゃ美味しかった!
image.jpg
image.jpg
みんな、今回の体験を夏休みの自由研究にするそうです。

晴生のお父さん、選手たちに貴重な体験させていただきまして、本当にありがとうございました。


合宿ハイライト

初日2日目と台風の影響で屋内引きこもりトレーニングでしたが、最終日は台風一過の好天青空の下、開放感満載のグランドでのトレーニングで汗を流しました。

image.jpg

2年生の樽谷塾はなんと天然芝でみっちり対人トレーニング^^;

image.jpg

3.4年は頑張って走りました。

5.6年は前日までのおさらいとゲーム形式のトレーニング。

毎年恒例の学年対抗の道場破り対決。
(下の学年が上の学年のところに行き試合を申込み挑む)

今年は2年が3年に、4年は5年に下克上しました。
4年は5年に勝った勢いで、助っ人OBコーチをGKにして挑みましたが0-8の返り討ちにあったそうです。

心配された熱中症もなく、みんな元気にやり切りました。
2年生にとっては、今回初めての合宿でした。こんだけサッカーに集中してトレーニングしたことも初体験だし、ほとんどの選手が初めて長期間親元を離れて過ごしたことでしょう。
弱音を吐かず最後まで本当によく頑張りましたね。この学年はご飯もパクパクよく食べれるし、物怖じしないというか、みんなすごくタフ。
普段イケイケやんちゃなトウヤや桜助が肝試しNGの怖がりなのには笑えましたが。
なんとも頼もしい奴らです。

3年生は、よく云えば天真爛漫。
逆で云えば、好き勝手やる。
もうそろそろ、協調性や連帯感など。
周りに合わせることを考えて行動できないとね。
個々の能力はそこそこ良いものがあるだけに、すごく勿体無い。

4年生は、この合宿でいろんなところで成長に差が出てきたかな。
真剣に取り組んでやってる選手と残念ながらそうでない選手がいました。
この学年も、その温度差を埋めるために、個を犠牲にしてでもチームのためにの精神で、みんなで成長しようと高め合い、お互いが助け合いレベルアップして欲しいと思います。

5年生は、さすがに合宿も慣れたもので率先してビブスを干してくれたり、玄関に散らかってる靴を揃えてくれたりと影での貢献が光っていました。
こういう姿勢が必ずサッカーにも繋がります。
二日目の800mのタイムラン5本も励まし合いながら、みんなでクリアしました。
ご飯も盛り盛りびっくりするくらい食べてました。
特にひなたの食べっぷりが気持ちよかったです。

6年生は今回が最後の合宿でした。
多い選手で5回目の丸仁館です。
ちょっと足を伸ばせば何処に何があるかもよく分かってます。
これが最後と思うと少し淋しかったりするのかな。
毎年、合宿だけは各学年単体で一人の担当コーチをつけてやっていましたが
今回の合宿の初日はこれまでと違い、5.6年が合同で不規則に3つのグループが3箇所に分かれ、それを3人のコーチが各場所に配置され、時間ごとにローテーション移動、3人のコーチが違った角度見方から選手たちに落とし込んでいく手法で行ったので、それぞれが細かなところまでコーチングできました。徹底して攻守の切替と縦へ攻撃への意識をテーマにトレーニングしましたので、その点は一定の向上が見られました。
二日目に辻川コーチと、OBコーチの千貴に中1の涼雅と僕のチームと6年のフットサル対決では、コーチチームが圧勝!!でも、ちょっと気を抜くとやられしまうので、必死のパッチでした。
すげぇ楽しかったです。

今回の合宿。
MVPをあげるとしたら、何人か候補はいますけど、これはもう豪太で決まりですね。
合宿直前に腰椎骨折でトレーニングはできませんでしたが、部屋長としてみんなをまとめてくれていたし、トレーニング中も用具の出し入れを率先してやったり、「コーチ、なんか手伝うことある?」と、積極的に聞いてくれました。
仲間が800m走してるときも、「俺も走りたい走りたい」って、なだめるのが大変でした。
そんな豪太。
今年の中1トリオの合宿参戦を見てか、来年も合宿来る宣言をしたようです。
コーチ達は大歓迎です。
今年走り回れなかった分、来年暴れておくれ。
でも、この合宿できっと豪太も成長したと思いますし、そんな豪太の行動を見た他の選手は、チームプレイとは何ぞやってことを、彼から学んだのではないでしょうか。


3日間、おかげさまで充実した濃密な時を過ごすことができました。


image.jpg
このたくさんの笑顔が、それを証明するには十分すぎるのではないでしょうか。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。