So-net無料ブログ作成

予期せぬ来客

昨日は、この春から両洋高校に通う8期生の康太が、9つほど離れた弟のタケルを連れて来てくれた。
康太がリノに在籍中に、お母さんに連れられて来てたのを、今でもよく覚えてます。
当時3歳くらいだったタケルが、顔はさほど変化ないが大きく成長し、一丁前にサッカー少年になっていたのには驚きました。
そんな、タケルは地元の少年団に在籍しているそうで。
聞けば、弟が入ってるチームでは、このままでは上手くならないし、サッカーを楽しむことが出来ないとのことです。
なんでか理由はさて置き...
弟にサッカーの楽しさを感じて欲しくて、リノに連れて来ましたと言うんです。
少年団に在籍してる選手を自分が在籍してたとはいえ、他所のチームに連れてくるのはどうかとは思いますが、康太の弟を想う心が嬉しかったし、なんかぐっときました。
タケルには2.3年の練習に入ってもらい、汗だくになるまで楽しんでプレイしてもらいました。
テスト勉強サボって来ていた11期生の陸と共に康太にも入ってもらい兄弟共に楽しんでもらった。
タケルも大好きなお兄ちゃんと沢山練習できて凄く嬉しそうでした。

先輩たちとトレーニング。

すげー!
上手いなー!

やって学んで観て学ぶ。

先輩たちとプレイすることで、これまでしたこともないターンをしたり、フェイントを出したりと、好プレイを連発。
いつも以上にチャレンジングに出来てました。

昨日は4年生も体験に来ていて、そのお兄ちゃんについてやってきたのは、1年生のハヤト。
対象外の練習日ではあったんですが、同じく2.3年の練習に混ざってやってもらいました。
この1年生、身体はどちらかというと小さいんですが、怖いもの知らずでイケイケ。
積極的にチャレンジするし、見ていて気持ち良い。
それだけでなく、きっと頭が良いのでしょう。
トレーニングメニューを理解して、普通にやってのけたのです。
そんな1年生を見て、女帝が「この一年坊主生意気やねん!自分のこと強いと思ってるところが腹立つ!」って言うてましたが、当の本人はケロっとしとります。
末恐ろしい一年坊主の出現ですかね。

支部トレセンやSPがあったので練習参加少ないかなあと思ってましたが、その他にも3年生が1人体験に来てくれましたので、賑やかになりました。
練習終了5分前に、支部トレセンを終えた選手たちがグランドにやって来ましたが、ほとんど何もやらずに後片付けだけしてくれました。
どんだけチーム愛あるやつらやねん。

タケルとの再会で思い出すのが、同じく8期生ケンスケの弟のユーゴ。
彼も確か2年生。
彼も地元のクラブチームでサッカーをやっているとか。
ユーゴもタケルみたいに大きくなってるんやろなー。
またどっかで会いたいです。

長く指導者をやってると、嬉しい再会が沢山あります。
次はどんな素敵な再会があるのかな。

楽しみだなー。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。